DHAとEPAの違いは?

DHAとEPAの違いは?

DHAと調べると、必ず出てくる成分があります。
それが「EPA」という成分です。
これは同じオメガ3ということでまとめて説明されるケースが多いからです。

大きく括れば効果は同じなのですが、ちょっとした違いがあるので豆知識程度に覚えておくと便利かもしれません。
各々の特徴を知っておくことで、よりピンポイントに効果を生み出すことができますよ!

EPAの特徴は血液の粘度を下げる効果があり、血を固まりにくくします。
これは説明した血液がサラサラになるという効果です。
血液がサラサラになることで、脳梗塞や心筋梗塞など、血栓症の予防に効果的と言えます。
この作用はDHAもありますが、EPAの方が優れているのが特徴の1つ。
既に「エパデール」という医薬品が開発されているほどなので、その効果は絶大だと言えます。
ただ!EPAは妊娠中、授乳中は呼吸に影響を及ぼす事があるので絶対に摂取しないで下さい!!

そして本題のDHAですが、脳と目まで成分が届くのが特徴だったりします。
つまり、DHAは脳と目にとって重要な成分だということ。
あと1つは血中コレステロール値を下げる力がEPAより優れています。

血液サラサラはEPA、脳や目に効き、ダイエット効果があるのがDHAと言った感じでしょうか?
かなりざっくりですが、この程度覚えておけば充分だと思います!

copyright(C)DHAサプリメント